アスパルテーム 本当は危険? - 練馬区 上石神井の歯医者

こぐち歯科

スタッフブログ, 日記・ブログ

アスパルテーム 本当は危険?

 
こんにちは  歯科衛生士の棚橋沙紗ですsun
今年は初夏から暑い日が続いているので、真夏はどうなってしまうのだうと心配になるほどですねsweat01
今日はアスパルテームについてのお話です。

みなさんはアスパルテームという人工甘味料をご存じですか?

この名前を聞いたことがない方も、「パルスイート」や「ニュートラ・スイート」といえば、見覚えのある方は多いかもしれません。


喫茶店やレストランなどでよく見かけるのですが、砂糖のとなりに、「カロリー1/10」もしくは、「カロリー0」という嬉しくなるような表示が書かれているものです
flair


生活習慣病の方や、ダイエットをしている方にとってカロリーは大敵ですから、どちらかを選ぶとなれば人工甘味料にすると思います。

しかし、このアスパルテームという人工甘味料の安全性について、疑問を訴える声は少なくありませんdanger

アスパルテームとは食品添加物で、数ある人工甘味料の中でも断トツに世界で一番普及しています!!

日本でもダイエット飲料・チューイングガムなど約600品目に使用されています。

なかでも、アスパルテームの全く入っていないガムをコンビニエンスストアで探すのは、かなり難しいと言えるでしょう。

ほとんどのキシリトールガムにもアスパルテームは混ぜて使用されています。

アスパルテームは、砂糖の約200倍の甘みを持ち、カロリーはありませんflair

アスパルテームの大部分を構成するフェニルアラニンとアスパラギン酸は、自然の食物の中にも存在するアミノ酸ですが、

単体で摂取すると両方とも脳細胞を興奮させすぎて死に至らしめる興奮性毒であることが研究でわかっているそうですbomb

精神科医による研究結果では、アスパルテームを与え続けたネズミの実験で、ネズミのの脳に穴ができたことが分りました。

そして複数の調査結果により、アスパルテームによる腫瘍、発作などの発生、脳に穴が開いたり生殖機能障害が起きることが分ったそうです。

しかし主要メディアでは、アスパルテームによるガンのリスクは報道していませんsweat01

虫歯予防にキシリトールガムをかんだり、ダイエットのため、また食事療法のためにアスパルテームを摂取する方は多いと思いますが、

楽な、うまい話にすぐに乗るのではなく、よくそのリスクを考えて口にするものを選びましょうCid_09_120429_002113__832psoftbank_

またキシリトールガムをかんだからといって、必ずしも虫歯にならないというわけではありません。

詳しくは下記のブログを見てみてくださいshine

http://koguchishika.net/2013/04/post-c0e8.html

この記事を共有する

虫歯・歯周病・歯痛を解消したい方へ

練馬区 上石神井の歯医者

月・金は夜21時まで診療 開業29年の信頼と実績 上石神井駅より徒歩7分 土曜は18時まで診療 体験談多数掲載中