フルジルコニアのブリッジ (延長ブリッジ) - 練馬区 上石神井の歯医者

こぐち歯科

スタッフブログ, 日記・ブログ

フルジルコニアのブリッジ (延長ブリッジ)

こんにちは。技工士の高山です。

今回はジルコニアだけで出来たブリッジを紹介します。

すべての材料がジルコニアなので、強度は白い材料の中では一番強いものになります。

ジルコボンドというのがありますが、それはジルコニアでフレームというキャップ状のものを作り、それをベースに、陶材であるセラミックの粉を盛り、電気炉で焼き、歯の形に仕上げます。

このように、ジルコニアは薄いキャップ状のものでも高い強度があるので、すべてがジルコニアだと強度はおのずと高いものになります。

今回は、噛み合わせる歯との隙間(クリアランス)、後ろ側へ1本の歯を延長する事を考え、フルジルコニアで作製する事になりました。

今回の模型です。

4番目、5番目の歯、それに延長された6番目がある延長ブリッジというケースになります。

完成しました。
色はA3.5という少し濃いめを目標にしました。

口の中の画像です。

仮に入れてみました。

院長と顔を見合わせて、「ちょっと薄いかなぁ~。」

「はい、自分もそう思います。」と私。

そこで、

口腔内で一番前の一本だけ、院長に直接色を乗せて合わせてもらいます。

それに参考に、技工士の私が後ろの2本に色を乗せ、改めて一番前の色を調整し、全体を合わせます。



出来上がりました。

焼き上がりを見て院長が、「濃すぎかなぁ~。」

私も、「ちょっと自分がやり過ぎちゃったかももしれません‥。」

「まあ、入れてみないと分からないから。」と院長。

私、「…。」


期間を開けて、次の診療で入れてみました。

 見事に全体に合ってます!

ほっとしました。

院長も「分からないものだね。」

「今回は特に勉強になります。」と私。

フルジルコニアは口の外ではかなり濃く見えても、口の中に入れたらそうでもない。

今回はその事を強く感じました。

以上、フルジルコニアの症例の紹介でした。




この記事を共有する

虫歯・歯周病・歯痛を解消したい方へ

練馬区 上石神井の歯医者

月・金は夜21時まで診療 開業29年の信頼と実績 上石神井駅より徒歩7分 土曜は18時まで診療 体験談多数掲載中