ジルコボンド - 練馬区 上石神井の歯医者

こぐち歯科

こんにちは。技工士の高山です。

今日はジルコボンド(ジルコニアボンドクラウン)です。

ジルコニアのフレームに陶材(セラミック)を焼き付けて作製する、審美性、生体親和性、共に一番優れている修復物です。

作製には多くの手間がかかります。多種多様な材料を使うことにより、周りの歯と同じような色合いや、透明感を持たせることが可能になります。




模型上で完成させたジルコボンドです。

先端の部分の透明感が、数種類の材料を使うことにより再現させています。

土台の状態です。

仮歯が入っている状態です。

前回の診療の際、院長がその方に合った形、噛み合わせを、その場で作っています。

技工士は、この形を目標に作製します。





ジルコボンドがセットされました。

透明感のある綺麗な歯になりました。

土台が着色されている場合は、ジルコニアのフレームを用いることによって、それを遮蔽させることが必要だと思います。

現在は、金属フレームのメタルボンド、透明感のあるEMAX、今回のジルコボンド、その他様々なセラミックがあります。

様々なケースに応じた、より良い選択肢をご提供出来ればと思っております。

以上、ジルコボンドを紹介しました。

この記事を共有する

虫歯・歯周病・歯痛を解消したい方へ

練馬区 上石神井の歯医者

月・金は夜21時まで診療 開業29年の信頼と実績 上石神井駅より徒歩7分 土曜は18時まで診療 体験談多数掲載中