ジルコボンドとEMAXのクラウン  - 練馬区 上石神井の歯医者

こぐち歯科

スタッフブログ, 日記・ブログ

ジルコボンドとEMAXのクラウン 

こんにちは。技工士の高山です。

今回はEMAXの被せものです。 
自費のオールセラミックの被せもので、セレックで削り出した後に焼いて歯の色にし、ステインを使い着色し仕上げます。

模型です。下の歯の5番目、6番目になります。

土台の画像です。

オールセラミックには必須のファイバーコアです。

土台の手前の歯はジルコボンドが入っています。(4番目の歯)

ジルコボンドはジルコニアのフレームに何種類かのセラミックの粉を盛り、焼くことによって陶器のように硬く、艶のある歯に仕上がります。

製作にはEMAXより手間がかかりますが、透明感のある仕上がりは、あらゆる被せものの中で一番です。


EMAXのクラウンのステイン仕上げです。
前の歯に合わせてA2といって、標準より一段階明るい色です。

セットした画像です。

別の角度から

前の歯の色とピッタリ同じになりました。

ピントがずれて分かりにくいですが、ジルコボンドは上の方に綺麗な透明な層があります。

EMAXも綺麗な仕上がりですが、ステイン法はあくまでも擬似的な透明感なので、ジルコボンドとEMAXの差はやはりここかなと思います。

(EMAXも透明感を出す為に、透明な陶材を盛るレイヤリング法というものがあるのですが、また別の機会にご紹介します。)

以上、ジルコボンドとEMAXの紹介でした。

この記事を共有する

虫歯・歯周病・歯痛を解消したい方へ

練馬区 上石神井の歯医者

月・金は夜21時まで診療 開業29年の信頼と実績 上石神井駅より徒歩7分 土曜は18時まで診療 体験談多数掲載中