EMAXのインレー - 練馬区 上石神井の歯医者

こぐち歯科

こんにちは。今日はEMAXのインレーを紹介します。

歯を削った状態です。

EMAX用の削り方ということで、なだらかなラインになっています。

院長、気合い入れて頑張ってます‼

というのは、セラミックをセレックで削り出すにも限界があり、どうしても細かい凸凹のラインは再現出来ません。
そこで院長には、セレックが作りやすい形で窩洞(インレーがはまる溝)を削ってもらっています。

自分も少し調整しますが、そうしてもらうことで、だいぶ助かっています。

模型の上に完成したもの入れた状態です。

口の中にただ入れた状態です。

この状態だと、色が合ってないと思われるでしょうが....

接着すると画像のように、周りと同化するかのように馴染みます。

インレーの歯に接する側は、すりガラスのようにざらざらしています。

すりガラスも白いものですが、水を濡らすと透明感が出ます。それと同じように接着剤が介在することで透明感が出ます。
また、EMAXなどのセラミックの材料はカメレオン効果というものがあり、周りの色を拾って、周りの歯と同じ様な色になります。

後ろから2番目に入っていますが、良く馴染んでいます。

やはりセラミックの歯はきれいだな、と思う症例でした。

技工士 高山

この記事を共有する

虫歯・歯周病・歯痛を解消したい方へ

練馬区 上石神井の歯医者

月・金は夜21時まで診療 開業29年の信頼と実績 上石神井駅より徒歩7分 土曜は18時まで診療 体験談多数掲載中