治療に通いましょう! - 練馬区 上石神井の歯医者

こぐち歯科

スタッフブログ, 日記・ブログ

治療に通いましょう!

こんにちは 歯科衛生士の棚橋です☀️
寒い日が続いてますが、体調はいかがでしょうか。
雪で転ばないように、気をつけてください。


歯科医院での治療を受けていても、仕事や育児などで忙しくなって、治療途中で来院されなくなる方がいらっしゃいます。
痛みがなくなったと思っても、治療途中でその歯を放置するのはとても危険です。

〈型を取ったまま放置する危険〉
むし歯の部分を削ってセラミックや、銀の詰め物を入れる時、まずお口の型をとります。
型を取った後に治療を中断すると、以下のことが起こるかもしれません。
① むし歯になる危険
削った部分には、仮止め用のお薬を入れますが、“仮”のためそのまま放置してしまうと、むし歯になりやすいです。むし歯になってしまったらまた削り直さなければなりませんし、最悪の場合、歯の神経を抜かなければならなくなるかもしれません。
② 再度型取りする可能性
型取り後に中断してしまうと、出来上がった詰め物が合わなくなることがあります。その場合再度型取りが必要となります。

〈神経の治療を放置する危険〉
歯の神経を抜いた場合、何度か神経の管を清掃してからお薬を詰めます。
まだ管の中に細菌が残っている場合はお薬を入れられないため、この治療が長引くこともあります。しかし痛くなくなったと考えて、治療をやめてしまうのは危険です。
① 抜歯になる可能性
神経の治療途中で放置すると、むし歯が広がってしまい、抜歯になることがあります。
② 根の先に膿みが溜まる危険
管の中に残っていた細菌が原因で、根の先に膿がたまることがあります。膿は歯の周りの歯槽骨を溶かしながら大きくなります。

〈仮歯のまま放置する危険〉
被せ物に型を取る前に、仮歯をつけることがありますが、たとえ仮歯が綺麗に見えたとしても、そこで治療を中断するのは危険です。
① 再度むし歯になる危険
仮歯のままにしていると、中でむし歯ができることがあります。
② 歯ぐきが腫れる
仮歯の材質は細菌を寄せ付けやすいため、歯ぐきが炎症する危険があります。
③ 抜歯になる可能性
ギリギリの状態で残した歯を放置すると、抜歯になる可能性が高いです。

〈最後まで通院することは患者さんにとって最も負担の少ないこと〉
治療を中断すると、患者さんの負担は増えます。
残せる歯も残せなくなるかもしれませんし、治療費もその分高くなります。
忙しかったとしても、歯科治療を中断することなく、最後まで通い続けましょう、
そして治療が終わったら、定期的にメンテナンスに通うことにより、むし歯を予防していきましょう。

マレーシアはドリアンの季節になり、町中にドリアンの香りが漂っています^ ^

この記事を共有する

虫歯・歯周病・歯痛を解消したい方へ

練馬区 上石神井の歯医者

月・金は夜21時まで診療 開業29年の信頼と実績 上石神井駅より徒歩7分 土曜は18時まで診療 体験談多数掲載中