フルジルコニアクラウン - 練馬区 上石神井の歯医者

こぐち歯科

スタッフブログ, 日記・ブログ

フルジルコニアクラウン

こんにちは、技工士の髙山です。

今日はフルジルコニアのクラウンについて紹介します。
これも、自費でのセラミックのかぶせ物になります。

今までですと、メタルボンドと言われる、金属に陶器を張り付けた物が一般的でした。
今回のケースは、上の歯とのすき間が非常に少ないものです。
メタルボンドだと金属、金属の色を消すオペークと言われるもの、そして陶材と、三層になります。
これだとどうしても厚みが必要になりますし、ギリギリの厚みの中できれいな色を出すのが難しくなります。

今回のフルジルコニアクラウンの厚みは1MM以下でした。
ジルコニアは非常に硬く、それ自体が歯の色になるようになっているのでこのようなケースには最適です。

ただ、きれいな透明感は出しずらいのですが、強度は多く得られますので奥歯によく使われます。

口の中の写真でも違和感なくセットされていると思います。

セラミックにも色々な種類があり、様々なケースに向き不向き、値段の差もありますので、院長、歯科医師、その他のスタッフまでご相談ください。

その他のセラミックの歯も、これからも紹介していければと思います。

この記事を共有する

虫歯・歯周病・歯痛を解消したい方へ

練馬区 上石神井の歯医者

月・金は夜21時まで診療 開業29年の信頼と実績 上石神井駅より徒歩7分 土曜は18時まで診療 体験談多数掲載中