要注意!治療の中断 - 練馬区 上石神井の歯医者

こぐち歯科

今日は「治療の中断」にについてお話したいと思います。book

皆さんの中で 虫歯治療などの途中で通院をやめてしまっている方はいらっしゃいませんか?think

「痛みがおさまったからもういいや・・・」とか「仮歯が入ったからこれで充分」

などご自分の判断で治療を中断されてしまいますと

取り返しがつかないほど悪化してしまうことがあります。annoy

例えば

歯の神経の治療を中断すると⇒歯の寿命が著しく短くなります。

治療途中の歯は虫歯になりやすく、かなり進行してしまうと歯を抜かなくてはいけなくなります。

仮歯・仮詰のままにしておくと⇒歯が折れたり、新たな虫歯が出来てしまいます。

仮歯や仮の詰め物はとてもやわらかいもので出来ており、バイ菌も付きやすくなります。

新たな虫歯が出来てしまい、歯茎にも悪い影響を及ぼします。

型をとったままににしておくと⇒再製作で治療費が余分にかかります。

出来上がっている詰めものやかぶせ物が合わなくなり、再制作が必要になると治療費が余計にかかります。

歯を抜いたままににしていると⇒治療が困難になったり、虫歯・歯周病のリスクが高くなります。

歯が抜けてしまうと、その周辺の歯が動いてきます。隣の歯が傾いてきたり、噛み合うべき歯が伸びて出てきたりします。そうなると治療が困難になり、歯並びが悪くなると虫歯や歯周病になりやすくなります。(※先生の判断でそのままにしておく場合もあります)

歯周病の治療途中で中断すると⇒知らず知らずに進行し最終的には歯が抜けてしまいます。

歯周病は自覚症状がないので、気づかないうちに進行し最終的には歯が抜けてしまう怖い病気です。歯周病には大人のほとんどの方がかかっていると言っても過言ではありません。重い歯周病の場合は重点的に治療を受け、そうでない方でも定期的に歯石除去のクリーニングは必要になってきます。

以上のように治療の中断にはさまざまなリスクが伴います。

歯科医師・歯科衛生士の指導のもと 

きちんと最後まで治療をすることが歯の寿命を長くし、自分の歯を長持ちさせることにつながります。                                                                                                                  長期間の治療になると大変だと思いますが 頑張って通院してくださいね。

                                              小口美紀heart04

この記事を共有する

虫歯・歯周病・歯痛を解消したい方へ

練馬区 上石神井の歯医者

月・金は夜21時まで診療 開業29年の信頼と実績 上石神井駅より徒歩7分 土曜は18時まで診療 体験談多数掲載中