喫煙と歯周病 - 練馬区 上石神井の歯医者

こぐち歯科

こんにちはsign01衛生士の田沼です^^

今日は歯周病と喫煙の関係についてお話したいと思います。

同じ年齢の方でも健康な口腔内の方もいれば、歯周病でたくさんの歯が抜け落ち歯並びが大きく乱れている方もいます。

 

なぜこんなにも違いが生じるのでしょうか?

 

歯周病になりやすいかどうかは その人がもともと持っている「先天的要素」と 生活環境などが与える「後天的要素」

 

によって決まり、どちらも歯周病を発症、進行させてしまうことから「リスクファクター」と呼ばれています。

 

後天的リスクファクターのひとつが「喫煙」ですsmoking

 

一般に煙草を吸う人は吸わない人よりも 

*歯周病のリスクが28倍にあがるsign01wobbly

 

*歯周病の発症年齢が低いsign01wobbly

 

*歯周病の病状の行が早いsign01wobbly

 

*歯周病の治療の予後がよくないsign01wobbly

 

と言われています。

 

その理由は 初期症状を自覚しにくく、発見が遅くなるからですsign03wobbly

 

たばこを吸うと

 

歯肉が低酸素状態になり、十分な栄養が行き届かず、健康的なピンクから黒く変色します。

また免疫が低下し、ニコチンによる血管収縮により、本来おこる炎症(病気を教えてくれるサイン)がおこらないので、気付いたた時にはすでに歯がグラグラになっているかもしれませんsign01

 

確かに生活習慣を変えることは難しいです。

 

けれど、その一本が大切な歯を失う原因なのです。

 

まずはその一本から減らしてみませんか?nosmoking いつまでも自分の歯で食べられる健康的なお口を目指して。。。heart 

 

この記事を共有する

虫歯・歯周病・歯痛を解消したい方へ

練馬区 上石神井の歯医者

月・金は夜21時まで診療 開業29年の信頼と実績 上石神井駅より徒歩7分 土曜は18時まで診療 体験談多数掲載中