平成6年に上下23本治し 現在の写真を頂きました。 - 練馬区 上石神井の歯医者

こぐち歯科

おすすめ記事, セラミッククラウン写真, 日記・ブログ

平成6年に上下23本治し 現在の写真を頂きました。

治療から18年 現在の写真です。

Pict0760

治したのは、詰め物全部、神経の治療全部、口の中の虫歯も全部。

 大変というより、「これからどうなっちゃうのかな?」「10年後までどの位の歯が残っているのかな?」

と思っちゃうくらいの治療でした。

それが18年大きなトラブルもなくここまで そのままの形で来れてホッと一安心しましたが

「これからが今まで以上に大事!メンテナンスを頑張らないと」

と患者さんにも伝えました。

 

下の写真は、上顎の 噛み合わせの写真です。

Pict0764

歯ぎしりもあるので噛み合わせの部分は、金属でできています。

上下とも噛み合わせの場所をせと物にすると割れやすいので、金属が見えにくい上顎の咬合面を金属にする事は多いです。

金属も種類が色々ありますが「金」と「プラチナ」が使われている物を選択することがこぐち歯科では多いです。

金属は銀色に見えるのですが プラチナが入っているために起こる現象です。

金属としては、歯にも優しくとても高価なものなので 大切に 長い間使って頂きたいです。

詰めるための金属としては、一番高価なものです。

臼歯部に随分へこんだところがありますが 噛み締めのため凹んでしまいました。

噛む力ってすごいんですよ!!臼歯一本に60キロの力がかかる事もあるんです。

 

下の写真は、下顎です。

Pict0765_2

「できるだけ白い歯で」 と言う事で、笑った時に目立ちそうな噛み合わせの所は、せと物で白くなってます。

どうにか18年もっています。 先程書いたように歯ぎしりもあるので 奥歯は、20k(20カラットの金) で作りました。

柔らかい金属なので 噛み合わせの負担も少なく 歯も長持ちしやすいです。

 

下のレントゲン写真は18年たった現在の状態のデジタルレントゲンです。

100点の治療とは言い切れませんが 18年根っこの先のトラブルが無かったと言うことで、95点くらいはあげられるでしょうかね!!

歯の治療は、神経の治療から土台を立てて 冠を被せるまでの一つ一つが大事で、全てが上手くいってそれで何十年も使ってもらえるので 思ったより大変なんです。

Imgp4206

そういうわけで このお口も今後どうなっていくのか 日々の治療と観察が全て勉強なので、

これからも日々反省と努力・・・ 頑張りますよ!!

この記事を共有する

虫歯・歯周病・歯痛を解消したい方へ

練馬区 上石神井の歯医者

月・金は夜21時まで診療 開業29年の信頼と実績 上石神井駅より徒歩7分 土曜は18時まで診療 体験談多数掲載中