僕が歯医者になれたわけ - 練馬区 上石神井の歯医者

こぐち歯科

日記・ブログ, 院長日記

僕が歯医者になれたわけ

Imgp3548 

この写真の二人は、私の叔父夫婦。  この叔父さん夫婦の協力が無かったら、今の私は歯医者ではなかったでしょう。

当時のことを思い出すと目頭が熱くなってきます。歯科大合格するも一度は諦めた歯医者。 そんな時 「家族の中に歯医者がいるなんて、心強いじゃない。なんとかしてやっぺ。」

そう言ってくれたおばさん。そういうことから沢山の家族の協力を得て今の私の仕事にたどりつきました。この時が私の人生にとっての大きな分かれ目だった様に感じます。  

開院当初 おばさんの歯を5年ほどかけて 治療したものの、その後 おばさんの体の具合が思わしくなく 15年の間 歯のお掃除もできずに 時が過ぎてしまいました。最近おばさんの調子も良くなったと思ったら、歯の詰め物が外れたと 連絡が入り久しぶりの来院。 口腔内を診察 レントゲン撮影するまで 不安でしたが 外れた詰め物一つと 小さな虫歯3本で ちょっとホッとしました。茨城から 片道三時間かけての治療のため 四本の虫歯を一度で直して約二時間半。 次回一本詰め物入れれば 虫歯の治療は、一旦完了。 あとは、歯周治療を時々できれば  まだまだ 歯は、全部残せるかなと思っています。 

 

話が飛んでしまういうに思われるかもしれませんが、ここでこぐち歯科のコンセプトを お話します。

 当院には、3つの「S」のコンセプトがあります。

Smile
(スマイル:あなたに素敵な笑顔を!)
Support
(サポート:歯で困っている方を支援します!)
Sincerity
(シンシァリティー:誠実。心のこもった治療を目指します!)

あなたにふさわしい治療計画を立て、お互いが納得した上で治療を行います。

全ての患者さんに安心して治療を受けて頂けるよう取り組んでまいります。

こういう歯医者になろうと思えたのも 叔父夫婦のおかげ。

家族に歯医者がいるいるのは、心強い。という言葉が とても心に残り 患者さんすべて家族と思って治療をしていこうと心に決めました。 

歯医者の仕事どんなに頑張っても百点満点の仕事という訳にはいきません。壊れたものは、元にはもどりません。歯を修理して 時には、入れ歯等で 歯のない部分を補うことをして 歯の周りのバイ菌をとって 少しでも永く 自分の歯で 美味しい食事ができる様 そんな手助けが出来るくらいです。 

最近特に思うのは、「皆さん、自分の歯は自分で守ってください。もっと 自分の歯をを大切にしてください。」ということです。10年後 20年後に インプラントを入れなくてもいいように 入れ歯も入れなくていいように 今から 定期的に 近くの歯医者さんで 検診してもらって 歯のお掃除してもらってください。早期発見 早期治療が 体の負担も心の負担も小さくすみます。そして 健康でいられるということは 一番の幸せだと思います。

久しぶりに 真面目に書いてしまいましたが 院長の独り言でした。  

この記事を共有する

虫歯・歯周病・歯痛を解消したい方へ

練馬区 上石神井の歯医者

月・金は夜21時まで診療 開業29年の信頼と実績 上石神井駅より徒歩7分 土曜は18時まで診療 体験談多数掲載中